出会いから間もないころは、互いに気持ちを言葉にして伝え合っていたのに、いつの頃からか、「言葉にしなくても分かるだろう」「態度で察してもらえるだろう」と思うようになってしまったというカップルは意外と多いのではないでしょうか。

出会いから間もない頃は、早く仲良くなりたい、早く親密な関係になりたいという気持ちが強く働くことから、できるだけ時間を作ってデートをしたり、食事に行ったりしようとしていた人も多いでしょう。
アプリを介して出会った人の中には、直に会えるようになったのだからと、プライベートの時間を削ってデートに充てたという人もいるかもしれません。
ですが、時間が経つにつれて気持ちを言葉にし合う機会が少なくなり、それが「当たり前」の状態になってしまったというカップルもいるのではないでしょうか。

アプリを介したコミュニケーションが増え、みなまで言わなくても、互いが互いのして欲しいことを察することができるようになってきた状態を指して、「関係が熟してきた」「理解が深まった」という人もいるようですが、これは間違いなのだということを知っておいてください。

「察して欲しい」という態度さえすれば、相手がそれを叶えてくれると思うのは「甘え」でしかありません。
もちろん恋人は察するように努力してくれるでしょうが、そうしてとった行動が正解かどうかは、察して欲しいと願ったあなたにしか分からないことなので、仮にそれで恋人が間違った行動をとったところで、直に伝える努力をしなかったあなたには恋人を責める資格はないのだということを覚えておいてください。
それが、「察して欲しい」という態度をとるということであり、恋人との間に誤解やすれ違いを生む原因なのです。

ですから恋人に対しては、常にきちんと言葉にして気持ちやして欲しいことを伝える習慣を身に着けることが大切なのです。
そして誤解を減らすためには、そうすることが必要なのだということを覚えておきましょう。