出会いの機会が欲しいと考えている人の中には、シャイであることから、会話の機会を持つことがなかなかできず、出会いはあったものの交際へと進むことができずにきたという人もいるのではないでしょうか。
そうした人には、アプリを利用した恋人探しをお勧めします。
そうしたアプリには数多くのコミュニケーションツールが用意されているので、機会を見つけて会話をするところから始めるイベントなどより、「向いている」恋人探しの方法だと言うことができるでしょう。

ですが、ここでひとつ気をつけて欲しいのが、コミュニケーションツールを積極的に活用していいのは、「交際が成立するまで」ということです。
もちろん、デートの約束やちょっとした打ち合せのために、アプリ内のコミュニケーションツールを使い続けることに問題はありません。
ただ、交際が始まってからは、直に会話の機会を持つべきですし、自分の考えや、恋人に対する気持ちはできるだけ言葉にして伝えるよう努力することをお勧めします。

「シャイだから、察して欲しい」という態度は甘えでしかなく、恋人にとっては淋しいことなのだということを理解してください。
家族や友人とはメッセージアプリなどを介したコミュニケーションでもいいですが、恋人とは顔を見て会話をし、その表情や声色から言葉に含まれている以外の気持を理解し合うことが大切なのです。
それこそが関係を深めるためには必要であり、長く良好な関係を築いてゆきたいと考えているのであればもっとも重要なことでもあるのです。

「察して欲しい」という態度ばかり取り続けていては、恋人にはあなたの本当の気持ちが伝わらないだけでなく、関係が悪化してしまいかねないので注意が必要です。

大切だと思う人には、言葉にして、そして声にして気持ちを伝えることが重要なのだということをぜひ心に留めて交際を進めていってください。
互いにそうできれば、長く良好な関係を続けてゆくことができるでしょう。